Someday Sure

ドキドキ&ゆるゆるの競馬ブログ
中央・地方重賞をメインに競馬予想に必要なデータを掲載します。

タグ:中山芝2000m


4/15(日) 中山11R(WIN5対象) 第78回皐月賞(G1) 芝2000m

◆出馬表(血統)

馬名

騎手母父
1 タイムフライヤー牡3 57 内田博幸ハーツクライブライアンズタイム
2 ワグネリアン牡3 57 福永祐一ディープインパクトキングカメハメハ
3$ジャンダルム牡3 57 武豊Kitten's JoySunday Silence
4 スリーヘリオス牡3 57 柴田善臣ヘニーヒューズスペシャルウィーク
5 キタノコマンドール牡3 57 M.デムディープインパクトキングカメハメハ
6 アイトーン牡3 57 国分恭介キングズベストスペシャルウィーク
7 エポカドーロ牡3 57 戸崎圭太オルフェーヴルフォーティナイナー
8 ケイティクレバー牡3 57 浜中俊ハービンジャーディープインパクト
9 オウケンムーン牡3 57 北村宏司オウケンブルースリエリシオ
10 ジェネラーレウーノ牡3 57 田辺裕信スクリーンヒーローロックオブジブラルタル
11 マイネルファンロン牡3 57 柴田大知ステイゴールドロージズインメイ
12 グレイル牡3 57 岩田康誠ハーツクライRock of Gibraltar
13 ダブルシャープ牡3 57 和田竜二ベーカバドアグネスタキオン
14 サンリヴァル牡3 57 藤岡佑介ルーラーシップアグネスタキオン
15 ステルヴィオ牡3 57 ルメールロードカナロアファルブラヴ
16*ジュンヴァルロ牡3 57 大野拓弥New ApproachRock of Gibraltar

過去10年間のデータ・傾向・配当など
前走データ
芝2000m走破タイムランク
上がり3Fタイムランク
出走馬の芝実績

<トラコミュ>
皐月賞(2018) 皐月賞 データ分析

◆中山芝2000m

中山芝2000mスタート地点は4コーナーを曲がり終えたホームストレッチの右端。単純に芝1800mのスタート地点が200m右へスライドしたところで、最初の1コーナーまでの距離は約405m(Aコース時)。1~2コーナーの中間までは上り坂。その後は内回りコースに入り、向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで、緩い下り坂になっている。最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。なお、仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。最初のコーナーまでの距離が十分ある上、途中1度目の急坂があるので、前半からペースはさほど速くならない。1~2コーナーまではゆったり流れ、向正面に入るとペースアップ。3コーナーの残り600m地点からラストスパートに入る。最後の直線に入ると2度目の急坂により、最後の1ハロンの時計がグッとかかる。他場の2000mよりもタフなレースになりやすくスタミナを要する。勝ち時計も2分を切りにくい。平均勝ち時計が3歳以上重賞より3歳以上準OP・OP特別の方が速くなっているが、紫苑SやレインボーSなど、準OP・OPのレースが時計が最も出やすい秋開催に組まれているからだ。一方、重賞は中山金杯と京成杯は冬場のレース。弥生賞はスローペースになりやすく時計が遅くなりがちと、時計が出にくい要素を抱えている。スロー~平均ペースで流れれば逃げ、先行勢が圧倒的に有利なコース。前半の先行争いが激しくなり、ハイペースになった時のみ派手な追い込み、大外一気が決まる。枠順は内枠が有利。外枠は多頭数になるにつれて厳しくなる。種牡馬成績はアドマイヤベガ、アグネスタキオン、ステイゴールドらを中心にヘイロー系の勝ち鞍は多い。しかし、フジキセキ、マーベラスサンデーは成績が悪いし、オペラハウス、キングカメハメハ、ホワイトマズル、ブライアンズタイムなど、割って入り上位にランクされる他系統の種牡馬もいる。

◆中山芝2000m 騎手別実績(該当騎手のみ)

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
戸崎圭太 18- 15- 15- 80/12814.1%25.8%37.5%5463
田辺裕信 17- 17- 12- 62/10815.7%31.5%42.6%8093
ルメール 14- 6- 5- 11/ 3638.9%55.6%69.4%118100
内田博幸 12- 9- 5- 76/10211.8%20.6%25.5%7856
柴田大知 5- 12- 13-103/1333.8%12.8%22.6%1978
北村宏司 5- 5- 9- 58/ 776.5%13.0%24.7%4793
大野拓弥 4- 3- 10- 78/ 954.2%7.4%17.9%6497
M.デム 3- 8- 2- 9/ 2213.6%50.0%59.1%6096
柴田善臣 3- 6- 4- 55/ 684.4%13.2%19.1%2049
岩田康誠 3- 2- 1- 22/ 2810.7%17.9%21.4%3138
福永祐一 2- 5- 4- 12/ 238.7%30.4%47.8%41121
武豊 0- 2- 3- 9/ 140.0%14.3%35.7%0155
浜中俊 0- 0- 2- 7/ 90.0%0.0%22.2%052
藤岡佑介 0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%0.0%00
和田竜二 0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%0.0%00
国分恭介 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
集計期間:2015. 1. 4 ~ 2018. 4. 8

◆中山芝2000m 種牡馬別実績(該当馬のみ)

種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト 28- 17- 18-118/18115.5%24.9%34.8%7772
ステイゴールド 18- 16- 22-144/2009.0%17.0%28.0%8680
ハーツクライ 15- 12- 12-109/14810.1%18.2%26.4%80114
ハービンジャー 13- 13- 11-102/1399.4%18.7%26.6%5356
ルーラーシップ 7- 6- 5- 27/ 4515.6%28.9%40.0%63107
スクリーンヒーロー 2- 0- 1- 20/ 238.7%8.7%13.0%5020
キングズベスト 1- 1- 2- 8/ 128.3%16.7%33.3%40111
オウケンブルースリ 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%8340
オルフェーヴル 0- 2- 1- 21/ 240.0%8.3%12.5%028
ロードカナロア 0- 1- 1- 3/ 50.0%20.0%40.0%064
Kitten's Joy 0- 1- 1- 3/ 50.0%20.0%40.0%074
ベーカバド 0- 0- 1- 11/ 120.0%0.0%8.3%039
New Approach 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
ヘニーヒューズ 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
集計期間:2015. 1. 4 ~ 2018. 4. 8
閲覧ありがとうございましたm(__)m

応援お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


3/4(日) 中山11R(WIN5対象)
皐月賞トライアル 第55回弥生賞(G2) 芝2000m

◆出馬表(血統)

馬名

騎手母父
1 オブセッション牡3 56 ルメールディープインパクトSmoke Glacken
2 アラウン牡3 56 ミナリクオルフェーヴルFlying Spur
3$ジャンダルム牡3 56 武豊Kitten's JoySunday Silence
4 リビーリング牡3 56 戸崎圭太ヴィクトワールピサGone West
5 ヘヴィータンク牡3 56 野中悠太クロフネアグネスタキオン
6 アサクサスポット牡3 56 武藤雅ワークフォースエルコンドルパサー
7 トラストケンシン牡3 56 内田博幸ハーツクライエルコンドルパサー
8 ワグネリアン牡3 56 福永祐一ディープインパクトキングカメハメハ
9 ダノンプレミアム牡3 56 川田将雅ディープインパクトIntikhab
10 サンリヴァル牡3 56 藤岡佑介ルーラーシップアグネスタキオン

過去10年間のデータ・傾向・配当など
前走データ
芝2000m走破タイムランク
上がり3Fタイムランク
出走馬の芝実績

<トラコミュ>
弥生賞(2018) 弥生賞 データ分析

◆中山芝2000m

中山芝2000mスタート地点は4コーナーを曲がり終えたホームストレッチの右端。単純に芝1800mのスタート地点が200m右へスライドしたところで、最初の1コーナーまでの距離は約405m(Aコース時)。1~2コーナーの中間までは上り坂。その後は内回りコースに入り、向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで、緩い下り坂になっている。最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。なお、仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。最初のコーナーまでの距離が十分ある上、途中1度目の急坂があるので、前半からペースはさほど速くならない。1~2コーナーまではゆったり流れ、向正面に入るとペースアップ。3コーナーの残り600m地点からラストスパートに入る。最後の直線に入ると2度目の急坂により、最後の1ハロンの時計がグッとかかる。他場の2000mよりもタフなレースになりやすくスタミナを要する。勝ち時計も2分を切りにくい。平均勝ち時計が3歳以上重賞より3歳以上準OP・OP特別の方が速くなっているが、紫苑SやレインボーSなど、準OP・OPのレースが時計が最も出やすい秋開催に組まれているからだ。一方、重賞は中山金杯と京成杯は冬場のレース。弥生賞はスローペースになりやすく時計が遅くなりがちと、時計が出にくい要素を抱えている。スロー~平均ペースで流れれば逃げ、先行勢が圧倒的に有利なコース。前半の先行争いが激しくなり、ハイペースになった時のみ派手な追い込み、大外一気が決まる。枠順は内枠が有利。外枠は多頭数になるにつれて厳しくなる。種牡馬成績はアドマイヤベガ、アグネスタキオン、ステイゴールドらを中心にヘイロー系の勝ち鞍は多い。しかし、フジキセキ、マーベラスサンデーは成績が悪いし、オペラハウス、キングカメハメハ、ホワイトマズル、ブライアンズタイムなど、割って入り上位にランクされる他系統の種牡馬もいる。

◆中山芝2000m 騎手別実績(該当騎手のみ)

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
戸崎圭太 18- 15- 13- 75/12114.9%27.3%38.0%5765
内田博幸 12- 7- 3- 69/ 9113.2%20.9%24.2%8850
ルメール 11- 6- 5- 10/ 3234.4%53.1%68.8%10099
福永祐一 2- 4- 4- 12/ 229.1%27.3%45.5%43122
川田将雅 2- 3- 2- 9/ 1612.5%31.3%43.8%14193
武藤雅 1- 0- 2- 17/ 205.0%5.0%15.0%5838
武豊 0- 2- 2- 9/ 130.0%15.4%30.8%0156
野中悠太 0- 1- 0- 29/ 300.0%3.3%3.3%09
藤岡佑介 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%00
集計期間:2015. 1. 4 ~ 2018. 2.24

◆中山芝2000m 種牡馬別実績(該当馬のみ)

種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト 26- 15- 16-111/16815.5%24.4%33.9%8069
ハーツクライ 14- 10- 12-101/13710.2%17.5%26.3%84120
ヴィクトワールピサ 6- 2- 1- 43/ 5211.5%15.4%17.3%4627
ルーラーシップ 5- 3- 5- 23/ 3613.9%22.2%36.1%63114
クロフネ 2- 3- 1- 18/ 248.3%20.8%25.0%16779
Kitten's Joy 0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%25.0%057
オルフェーヴル 0- 0- 1- 13/ 140.0%0.0%7.1%017
ワークフォース 0- 0- 0- 29/ 290.0%0.0%0.0%00
集計期間:2015. 1. 4 ~ 2018. 2.24
閲覧ありがとうございましたm(__)m

応援お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

PR 3連単を狙いやすいのは弥生賞

2月24日(土)三連単・三連複41.7%、単勝88.9%という高水準の的中率を叩き出しました。このデータを使って、「弥生賞」をひも解いて行きたいと思います。

無料会員になれば誰でも今週から見れるデータなので、チェックしてみてください。

こちら⇒ https://www.collabo-n.com/
 
それでは、過去結果から分析していきます。

◆弥生賞
ーーーーーーーーー
指数の予想順位
 1着 2着 3着
2014年 1位 4位 3位
2015年 3位 8位 7位
2016年 4位 1位 2位
2017年 3位 7位 2位
ーーーーーーーーー

今週末の的中率に期待できるレースです。 過去4年1着から3着までのほとんどに指数上位4頭が馬券に絡んでいます。

また、弥生賞の予想は、サイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日お昼頃に無料公開されますので楽しみにしてみてください。

➡コチラから
300-250

 

1/14(日) 中山11R(WIN5対象) 第58回京成杯(G3) 芝2000m

◆出馬表(血統)

馬名

騎手母父
1 イェッツト牡3 56 蛯名正義カンパニーキングカメハメハ
2 コスモイグナーツ牡3 56 柴田大知エイシンフラッシュスペシャルウィーク
3 ヤマノグラップル牡3 56 柴田善臣ワークフォースサンデーサイレンス
4 ロジティナ牡3 56 内田博幸ロジユニヴァースシンボリクリスエス
5 コズミックフォース牡3 56 戸崎圭太キングカメハメハネオユニヴァース
6 スラッシュメタル牡3 56 柴山雄一ワークフォースZenno Rob Roy
7 エイムアンドエンド牡3 56 三浦皇成エイシンフラッシュサンデーサイレンス
8 ダブルシャープ牡3 56 田中勝春ベーカバドアグネスタキオン
9 サクステッド牡3 56 吉田隼人タートルボウルアグネスタキオン
10$デルタバローズ牡3 56 石橋脩Into MischiefHard Spun
11 ライトカラカゼ牡3 56 大野拓弥キングヘイローサツカーボーイ
12 タイキフェルヴール牡3 56 北村宏司フリオーソAny Given Saturday
13 ギャンブラー牡3 56 津村明秀ハービンジャーマンハッタンカフェ
14 ジョリルミエール牝3 54 木幡初也ヴァーミリアンデインヒル
15 ジェネラーレウーノ牡3 56 田辺裕信スクリーンヒーローロックオブジブラルタル

過去10年間のデータ・傾向・配当など
前走データ
芝2000m走破タイムランク
上がり3Fタイムランク
出走馬の芝実績

<トラコミュ>
京成杯(2018) 京成杯 データ分析


<トラコミュ>
今週の重賞・メインレースの予想

◆中山芝2000m

中山芝2000mスタート地点は4コーナーを曲がり終えたホームストレッチの右端。単純に芝1800mのスタート地点が200m右へスライドしたところで、最初の1コーナーまでの距離は約405m(Aコース時)。1~2コーナーの中間までは上り坂。その後は内回りコースに入り、向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで、緩い下り坂になっている。最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。なお、仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。最初のコーナーまでの距離が十分ある上、途中1度目の急坂があるので、前半からペースはさほど速くならない。1~2コーナーまではゆったり流れ、向正面に入るとペースアップ。3コーナーの残り600m地点からラストスパートに入る。最後の直線に入ると2度目の急坂により、最後の1ハロンの時計がグッとかかる。他場の2000mよりもタフなレースになりやすくスタミナを要する。勝ち時計も2分を切りにくい。平均勝ち時計が3歳以上重賞より3歳以上準OP・OP特別の方が速くなっているが、紫苑SやレインボーSなど、準OP・OPのレースが時計が最も出やすい秋開催に組まれているからだ。一方、重賞は中山金杯と京成杯は冬場のレース。弥生賞はスローペースになりやすく時計が遅くなりがちと、時計が出にくい要素を抱えている。スロー~平均ペースで流れれば逃げ、先行勢が圧倒的に有利なコース。前半の先行争いが激しくなり、ハイペースになった時のみ派手な追い込み、大外一気が決まる。枠順は内枠が有利。外枠は多頭数になるにつれて厳しくなる。種牡馬成績はアドマイヤベガ、アグネスタキオン、ステイゴールドらを中心にヘイロー系の勝ち鞍は多い。しかし、フジキセキ、マーベラスサンデーは成績が悪いし、オペラハウス、キングカメハメハ、ホワイトマズル、ブライアンズタイムなど、割って入り上位にランクされる他系統の種牡馬もいる。

◆中山芝2000m 騎手別実績(該当騎手のみ)

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
戸崎圭太 18- 14- 12- 75/11915.1%26.9%37.0%5863
田辺裕信 15- 16- 11- 58/10015.0%31.0%42.0%8292
内田博幸 12- 7- 3- 66/ 8813.6%21.6%25.0%9152
柴山雄一 10- 7- 7- 60/ 8411.9%20.2%28.6%20596
蛯名正義 8- 7- 9- 71/ 958.4%15.8%25.3%5866
北村宏司 4- 4- 8- 52/ 685.9%11.8%23.5%5099
大野拓弥 4- 1- 9- 68/ 824.9%6.1%17.1%75105
柴田大知 3- 11- 12- 93/1192.5%11.8%21.8%1582
柴田善臣 3- 6- 4- 51/ 644.7%14.1%20.3%2152
三浦皇成 3- 4- 7- 57/ 714.2%9.9%19.7%3139
石橋脩 3- 4- 2- 49/ 585.2%12.1%15.5%4642
津村明秀 2- 2- 7- 35/ 464.3%8.7%23.9%4567
吉田隼人 1- 7- 5- 39/ 521.9%15.4%25.0%981
田中勝春 1- 4- 4- 45/ 541.9%9.3%16.7%765
木幡初也 1- 0- 1- 12/ 147.1%7.1%14.3%1752312
集計期間:2015. 1. 4 ~ 2018. 1. 8

◆中山芝2000m 種牡馬別実績(該当馬のみ)

種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
キングカメハメハ 12- 10- 12- 70/10411.5%21.2%32.7%4669
ハービンジャー 11- 13- 8- 96/1288.6%18.8%25.0%5054
キングヘイロー 1- 0- 4- 28/ 333.0%3.0%15.2%1763
スクリーンヒーロー 1- 0- 1- 19/ 214.8%4.8%9.5%3815
エイシンフラッシュ 1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%9718
ヴァーミリアン 1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%11.1%2725415
カンパニー 0- 1- 2- 13/ 160.0%6.3%18.8%0126
ベーカバド 0- 0- 1- 10/ 110.0%0.0%9.1%042
ワークフォース 0- 0- 0- 25/ 250.0%0.0%0.0%00
ロジユニヴァース 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
フリオーソ 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
タートルボウル 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
集計期間:2015. 1. 4 ~ 2018. 1. 8

◆PR 【最強指数はどっち!?】

【競馬女子検証】最強の指数VS最高峰の指数

競馬女子+youtuberとして活動中のソフトさんが
競馬予想のお供として指数を研究した実戦動画があります。

コラボ指数VSコンピ指数

指数の頂上決戦です!

■検証日:有馬記念(G1)week&ホープフルS(G1)week
■最終結論:今回の検証での勝者指数は動画下のリンクから見ることができます。


■勝者指数
こちら→ 無料会員登録ページ

【ユーザー様からのコメント】
・競馬歴3年に満たないオジさんですが、
今回の競馬で学んだことは正確なデータって存在するのと、
それを用いれば大勝ちしなくても大負けもしないってこと。

競馬も正確なデータで投資すれば、
ギャンブルではなく副業になるような気がします。



1/6(土) 中山11R(WIN5対象) 第67回中山金杯(G3) 芝2000m

◆出馬表(血統)

馬名

騎手母父
1 ウインブライト牡4 56 松岡正海ステイゴールドアドマイヤコジーン
2 レアリスタ牡6 55 石橋脩ステイゴールドMeadowlake
3 トーセンマタコイヤ牡7 54 内田博幸ディープインパクトGold Away
4 アウトライアーズ牡4 54 蛯名正義ヴィクトワールピサフレンチデピュティ
5 デニムアンドルビー牝8 54 川田将雅ディープインパクトキングカメハメハ
6 セダブリランテス牡4 55 戸崎圭太ディープブリランテブライアンズタイム
7 ブラックバゴ牡6 56 岩田康誠バゴステイゴールド
8 パリカラノテガミ牡7 52 田中勝春ジャングルポケットブライアンズタイム
9 ダイワキャグニー牡4 56 横山典弘キングカメハメハサンデーサイレンス
10 タイセイサミット牡5 56 北村宏司ダイワメジャーエンドスウィープ
11 ストレンジクォーク牡6 54 柴山雄一メイショウサムソンアグネスタキオン
12 フェルメッツァ牡7 55 田辺裕信ディープインパクトトニービン
13 ジョルジュサンク牡5 54 吉田隼人ヴィクトワールピサラムタラ
14 マイネルミラノ牡8 57 柴田大知ステイゴールドPolish Precedent
15 ショウナンマルシェセ7 53 三浦皇成マンハッタンカフェLabeeb
16 ケントオー牡6 56 勝浦正樹ダンスインザダークトウカイテイオー
17 カデナ牡4 56 福永祐一ディープインパクトFrench Deputy

◆おさらい:過去10年間の枠番実績

枠番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠 2- 0- 1-15/1811.1%11.1%16.7%8039
2枠 3- 4- 1-10/1816.7%38.9%44.4%86148
3枠 2- 0- 2-15/1910.5%10.5%21.1%3744
4枠 1- 0- 1-18/205.0%5.0%10.0%2415
5枠 0- 2- 2-16/200.0%10.0%20.0%0124
6枠 1- 3- 3-12/195.3%21.1%36.8%30132
7枠 1- 0- 0-19/205.0%5.0%5.0%3211
8枠 0- 1- 0-20/210.0%4.8%4.8%010

※1-3人気限定
枠番 着別度数 勝率連対率複勝率
1枠 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%
2枠 2- 1- 0- 0/ 366.7%100.0%100.0%
3枠 2- 0- 0- 4/ 633.3%33.3%33.3%
4枠 1- 0- 1- 3/ 520.0%20.0%40.0%
5枠 0- 1- 1- 2/ 40.0%25.0%50.0%
6枠 1- 0- 1- 1/ 333.3%33.3%66.7%
7枠 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%
8枠 0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%33.3%

過去10年間のデータ・傾向・配当など
前走データ
芝2000m走破タイムランク
上がり3Fタイムランク
出走馬の芝実績

<トラコミュ>
中山金杯(2018) 中山金杯 データ分析

◆中山芝2000m

中山芝2000mスタート地点は4コーナーを曲がり終えたホームストレッチの右端。単純に芝1800mのスタート地点が200m右へスライドしたところで、最初の1コーナーまでの距離は約405m(Aコース時)。1~2コーナーの中間までは上り坂。その後は内回りコースに入り、向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで、緩い下り坂になっている。最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。なお、仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。最初のコーナーまでの距離が十分ある上、途中1度目の急坂があるので、前半からペースはさほど速くならない。1~2コーナーまではゆったり流れ、向正面に入るとペースアップ。3コーナーの残り600m地点からラストスパートに入る。最後の直線に入ると2度目の急坂により、最後の1ハロンの時計がグッとかかる。他場の2000mよりもタフなレースになりやすくスタミナを要する。勝ち時計も2分を切りにくい。平均勝ち時計が3歳以上重賞より3歳以上準OP・OP特別の方が速くなっているが、紫苑SやレインボーSなど、準OP・OPのレースが時計が最も出やすい秋開催に組まれているからだ。一方、重賞は中山金杯と京成杯は冬場のレース。弥生賞はスローペースになりやすく時計が遅くなりがちと、時計が出にくい要素を抱えている。スロー~平均ペースで流れれば逃げ、先行勢が圧倒的に有利なコース。前半の先行争いが激しくなり、ハイペースになった時のみ派手な追い込み、大外一気が決まる。枠順は内枠が有利。外枠は多頭数になるにつれて厳しくなる。種牡馬成績はアドマイヤベガ、アグネスタキオン、ステイゴールドらを中心にヘイロー系の勝ち鞍は多い。しかし、フジキセキ、マーベラスサンデーは成績が悪いし、オペラハウス、キングカメハメハ、ホワイトマズル、ブライアンズタイムなど、割って入り上位にランクされる他系統の種牡馬もいる。

◆中山芝2000m 騎手別実績(該当騎手のみ)

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
戸崎圭太 16- 14- 12- 73/11513.9%26.1%36.5%5763
田辺裕信 14- 16- 10- 54/ 9414.9%31.9%42.6%8495
内田博幸 12- 7- 3- 63/ 8514.1%22.4%25.9%9454
柴山雄一 10- 7- 6- 58/ 8112.3%21.0%28.4%21293
蛯名正義 7- 7- 9- 68/ 917.7%15.4%25.3%5867
柴田大知 3- 11- 11- 89/1142.6%12.3%21.9%1683
三浦皇成 3- 4- 7- 53/ 674.5%10.4%20.9%3341
松岡正海 3- 4- 5- 67/ 793.8%8.9%15.2%5683
石橋脩 3- 4- 2- 44/ 535.7%13.2%17.0%5046
北村宏司 3- 3- 8- 49/ 634.8%9.5%22.2%50102
岩田康誠 3- 2- 1- 19/ 2512.0%20.0%24.0%3542
川田将雅 2- 3- 2- 8/ 1513.3%33.3%46.7%15199
福永祐一 2- 2- 4- 10/ 1811.1%22.2%44.4%53120
吉田隼人 1- 7- 3- 35/ 462.2%17.4%23.9%1076
田中勝春 1- 4- 4- 43/ 521.9%9.6%17.3%767
勝浦正樹 1- 2- 0- 37/ 402.5%7.5%7.5%1318
横山典弘 0- 4- 1- 48/ 530.0%7.5%9.4%026
集計期間:2015. 1. 4 ~ 2017.12.28

◆中山芝2000m 種牡馬別実績(該当馬のみ)

種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト 24- 15- 16-104/15915.1%24.5%34.6%8271
ステイゴールド 16- 13- 20-128/1779.0%16.4%27.7%9084
キングカメハメハ 12- 10- 12- 66/10012.0%22.0%34.0%4872
ヴィクトワールピサ 6- 2- 1- 38/ 4712.8%17.0%19.1%5130
マンハッタンカフェ 5- 7- 4- 44/ 608.3%20.0%26.7%4569
バゴ 3- 3- 2- 7/ 1520.0%40.0%53.3%133116
ジャングルポケット 2- 1- 3- 42/ 484.2%6.3%12.5%19561
メイショウサムソン 1- 6- 4- 25/ 362.8%19.4%30.6%659
ダイワメジャー 1- 4- 5- 22/ 323.1%15.6%31.3%1373
ディープブリランテ 1- 1- 0- 9/ 119.1%18.2%18.2%5672
ダンスインザダーク 0- 0- 2- 18/ 200.0%0.0%10.0%037
集計期間:2015. 1. 4 ~ 2017.12.28

◆PR 金杯は的中できる

金杯は過去結果を見ると、単オッズ10倍台の馬が絡んでいる傾向がありますね。
2018年については、上位人気馬が混戦する傾向があり穴という穴を見つけるのが難しいです。

金杯は今年最初の重賞。必ず当てたいレースです。

去年単勝的中。

6頭推奨で3連単万馬券を的中させたデータ。

無料公開されます。

お申込はコチラから
うまコラボ_金杯


12/28(木) 中山11R(WIN5対象) 第34回ホープフルS(G1) 芝2000m

◆出馬表(血統)

馬名

騎手母父
1 リュヌルージュ牝2 54 北村宏司モンテロッソメジロマックイーン
2 トーセンクリーガー牡2 55 横山和生トーセンロレンスフレンチデピュティ
3 ウォーターパルフェ牡2 55 酒井学ルーラーシップネオユニヴァース
4 ロードアクシス牡2 55 三浦皇成ブレイクランアウトArch
5 トライン牡2 55 北村友一ディープインパクトKingmambo
6 マイハートビート牡2 55 津村明秀ゼンノロブロイIntikhab
7 タイムフライヤー牡2 55 C.デムハーツクライブライアンズタイム
8 シャルルマーニュ牡2 55 戸崎圭太ヴィクトワールピササクラバクシンオー
9 サンリヴァル牡2 55 田辺裕信ルーラーシップアグネスタキオン
10 ルーカス牡2 55 M.デムスクリーンヒーローカーネギー
11 フラットレー牡2 55 ルメールハーツクライHalling
12*ジュンヴァルロ牡2 55 藤岡康太New ApproachRock of Gibraltar
13 ステイフーリッシュ牡2 55 中谷雄太ステイゴールドキングカメハメハ
14 ワークアンドラブ牡2 55 内田博幸シニスターミニスターMedaglia d'Oro
15$ジャンダルム牡2 55 武豊Kitten's JoySunday Silence
16 シャフトオブライト牡2 55 松田大作ディープスカイタイキシャトル
17 ナスノシンフォニー牝2 54 吉田隼人ハーツクライUnbridled's Song

過去10年間のデータ・傾向・配当など
前走データ
芝2000m走破タイムランク
上がり3Fタイムランク
出走馬の芝実績

<トラコミュ>
ホープフルS(2017) ホープフルS データ分析

◆中山芝2000m

中山芝2000mスタート地点は4コーナーを曲がり終えたホームストレッチの右端。単純に芝1800mのスタート地点が200m右へスライドしたところで、最初の1コーナーまでの距離は約405m(Aコース時)。1~2コーナーの中間までは上り坂。その後は内回りコースに入り、向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで、緩い下り坂になっている。最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。なお、仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。最初のコーナーまでの距離が十分ある上、途中1度目の急坂があるので、前半からペースはさほど速くならない。1~2コーナーまではゆったり流れ、向正面に入るとペースアップ。3コーナーの残り600m地点からラストスパートに入る。最後の直線に入ると2度目の急坂により、最後の1ハロンの時計がグッとかかる。他場の2000mよりもタフなレースになりやすくスタミナを要する。勝ち時計も2分を切りにくい。平均勝ち時計が3歳以上重賞より3歳以上準OP・OP特別の方が速くなっているが、紫苑SやレインボーSなど、準OP・OPのレースが時計が最も出やすい秋開催に組まれているからだ。一方、重賞は中山金杯と京成杯は冬場のレース。弥生賞はスローペースになりやすく時計が遅くなりがちと、時計が出にくい要素を抱えている。スロー~平均ペースで流れれば逃げ、先行勢が圧倒的に有利なコース。前半の先行争いが激しくなり、ハイペースになった時のみ派手な追い込み、大外一気が決まる。枠順は内枠が有利。外枠は多頭数になるにつれて厳しくなる。種牡馬成績はアドマイヤベガ、アグネスタキオン、ステイゴールドらを中心にヘイロー系の勝ち鞍は多い。しかし、フジキセキ、マーベラスサンデーは成績が悪いし、オペラハウス、キングカメハメハ、ホワイトマズル、ブライアンズタイムなど、割って入り上位にランクされる他系統の種牡馬もいる。

◆中山芝2000m 騎手別実績(該当騎手のみ)

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
戸崎圭太 21- 19- 15- 87/14214.8%28.2%38.7%5468
田辺裕信 14- 17- 14- 73/11811.9%26.3%38.1%6791
内田博幸 12- 7- 5- 82/10611.3%17.9%22.6%7549
ルメール 11- 6- 5- 10/ 3234.4%53.1%68.8%10099
三浦皇成 5- 5- 7- 67/ 846.0%11.9%20.2%3646
北村宏司 4- 9- 11- 66/ 904.4%14.4%26.7%3892
M.デム 3- 8- 1- 8/ 2015.0%55.0%60.0%66100
津村明秀 2- 2- 9- 43/ 563.6%7.1%23.2%3778
C.デム 2- 1- 0- 3/ 633.3%50.0%50.0%15095
吉田隼人 1- 8- 4- 37/ 502.0%18.0%26.0%984
藤岡康太 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%6030
松田大作 1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%33.3%1750206
武豊 0- 1- 3- 13/ 170.0%5.9%23.5%0134
北村友一 0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%100.0%0360
横山和生 0- 0- 0- 16/ 160.0%0.0%0.0%00
酒井学 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
中谷雄太 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
集計期間:2014. 1. 5 ~ 2017.12.24

◆中山芝2000m 種牡馬別実績(該当馬のみ)

種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト 27- 18- 22-124/19114.1%23.6%35.1%7872
ステイゴールド 19- 17- 24-164/2248.5%16.1%26.8%8080
ハーツクライ 14- 13- 15-117/1598.8%17.0%26.4%7695
ゼンノロブロイ 11- 6- 6- 74/ 9711.3%17.5%23.7%7380
ヴィクトワールピサ 6- 2- 1- 37/ 4613.0%17.4%19.6%5230
ルーラーシップ 5- 3- 5- 15/ 2817.9%28.6%46.4%81147
スクリーンヒーロー 2- 0- 1- 25/ 287.1%7.1%10.7%11629
ディープスカイ 0- 0- 0- 19/ 190.0%0.0%0.0%00
ブレイクランアウト 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
New Approach 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
モンテロッソ 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
Kitten's Joy 0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%0.0%00
トーセンロレンス 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
シニスターミニスター 0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00
集計期間:2014. 1. 5 ~ 2017.12.24
閲覧ありがとうございましたm(__)m

応援お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ




最近WEBでもブログでも週刊誌でも
やたらと見かける競馬予想会社ってどう思います?


数年前に某予想会社にて6万円の情報を買ってみたことがあります…

結果は当然ハズレました!巧妙な言葉につい騙されました。
カスリもしないとは。

6万円があれば色んな物が買えただろうに…(T_T)

しかし最近になってやたらと「予想会社の情報で儲けた!」「勝った!」という記事を見かけるので「本当に当たる会社も中にはあるのか?」とレビューやら口コミを漁って使えそうなサイトに登録を繰り返し、検証に検証を重ねました!

有料の所は・・・乂(>□<*)絶対ダメ―!!!
>>>(価値あるものにしか金は出さん!)

電話番号の出てない会社も・・・乂(>□<*)絶対ダメ―!!!
>>>(情報が貰えなかった経験を無駄にはせん!)

で、色々試して
実際に安定して稼げたのが⇒コチラ

競馬予想会社というと胡散臭さ満点だけど、中には本当に当たる会社もあるっていうことがわかったのが今回の収穫。

的中実績・買い目等は
コチラ▶▶▶http://keiba-repo.jp/
728x90

このページのトップヘ