1/6(土) 京都11R(WIN5対象) 第56回京都金杯(G3) 芝1600m

◆出馬表(血統)

馬名

騎手母父
1 マサハヤドリーム牡6 54 岩崎翼メイショウサムソンアグネスタキオン
2$ラビットラン牝4 54 藤岡康太TapitDixieland Band
3 マイネルアウラート牡7 57 丹内祐次ステイゴールドトウカイテイオー
4 アメリカズカップ牡4 56 松山弘平マンハッタンカフェCoronado's Quest
5 カラクレナイ牝4 54 池添謙一ローエングリンアグネスタキオン
6 ダノンメジャー牡6 56.5 北村友一ダイワメジャーAzamour
7 レッドアンシェル牡4 56 幸英明マンハッタンカフェStorm Cat
8 ストーミーシー牡5 54 大野拓弥アドマイヤムーンゼンノエルシド
9 ブラックムーン牡6 57 武豊アドマイヤムーンジェネラス
10 スズカデヴィアス牡7 56.5藤岡佑介キングカメハメハサンデーサイレンス
11 キョウヘイ牡4 55 高倉稜リーチザクラウンダンスインザダーク
12 ウインガニオン牡6 57.5 津村明秀ステイゴールドポリッシュネイビー
13 クルーガー牡6 57.5浜中俊キングカメハメハDiktat

◆過去10年間の枠番実績

枠番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠 3- 3- 1-13/2015.0%30.0%35.0%128102
2枠 2- 1- 1-16/2010.0%15.0%20.0%6551
3枠 1- 3- 3-13/205.0%20.0%35.0%973
4枠 3- 1- 2-14/2015.0%20.0%30.0%171135
5枠 1- 0- 2-17/205.0%5.0%15.0%3655
6枠 0- 0- 0-19/190.0%0.0%0.0%00
7枠 0- 1- 0-21/220.0%4.5%4.5%046
8枠 0- 1- 1-21/230.0%4.3%8.7%042

※1-3人気限定
枠番 着別度数 勝率連対率複勝率
1枠 1- 1- 0- 2/ 425.0%50.0%50.0%
2枠 1- 0- 1- 2/ 425.0%25.0%50.0%
3枠 1- 3- 1- 1/ 616.7%66.7%83.3%
4枠 1- 1- 0- 4/ 616.7%33.3%33.3%
5枠 1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%25.0%
6枠 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%
7枠 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%
8枠 0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%50.0%

過去10年間のデータ・傾向・配当など
前走データ
芝1600m走破タイムランク
上がり3Fタイムランク
出走馬の芝実績

<トラコミュ>
京都金杯(2018) 京都金杯 データ分析

◆京都芝1600m

京都芝1600mスタート地点は向正面の2コーナーのポケット。芝1600m(内回り)のスタートより若干右寄りに位置する。3コーナーまでは一直線で距離は約700m(Aコース時)もある。向正面半ばからは徐々に坂を上り、3コーナーのところで頂上を迎える。そして4コーナーにかけて下るというレイアウト。内回りより勾配はキツく、高低差は4.3m(内回りは3.1m)になる。最後の直線は平坦で、Aコース時が404m、B、C、Dコース時が399m。全体像としてはスタートからゴールまで淀みないラップが続く。前後半の3ハロンの水準ラップは各クラスでさほど変わらない。中盤の2ハロンの厳しさがクラスの差に繋がる。古馬重賞になると、中間に12秒台のラップが入るかどうかという感じ。中盤が緩むとその分、上がり3ハロンが速くなる。11秒台のラップが続くことになり、この上がりを後方から差すにはかなりの瞬発力が必要だ。勝負どころは直線入り口、内回りとの合流地点。ここで馬群がバラけるので、騎手のコース取りが重要になる。基本的に先行馬有利だが、中団以降に待機する馬もタイトにコーナーを回れば、直線で急浮上というシーンも多い。クラスが上がると、差し、追い込み馬の活躍が多くなる。なお、2歳重賞の水準勝ち時計はデイリー杯2歳Sが対象。同レースの時期は馬場の影響で、かなり速い時計が出る。脚質はAコース時のみ逃げ馬の成績がいい。その他は先行馬か差し馬が大半。枠順はほぼフラットだが、多頭数の外はやや厳しい。種牡馬成績はアグネスタキオン、マンハッタンカフェ、ダンスインザダーク、キングカメハメハ、ホワイトマズルら上位。速い脚が要求される馬場だが、オペラハウス、Singspiel、テイエムオペラオーといったサドラーズウェルズの系統が案外強い。クロフネ、フレンチデピュティは連対数こそあるが、回収率・連対率などは低い。サクラバクシンオー、マイネルラヴといったスプリントタイプの血統も苦戦傾向。

◆京都芝1600m 騎手別実績(該当騎手のみ)

騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
池添謙一 7- 4- 1-35/4714.9%23.4%25.5%182148
武豊 5- 6- 3-28/4211.9%26.2%33.3%4466
浜中俊 5- 4- 1-30/4012.5%22.5%25.0%10873
松山弘平 4- 4- 3-33/449.1%18.2%25.0%15282
北村友一 1- 1- 1-12/156.7%13.3%20.0%158103
高倉稜 1- 0- 1-14/166.3%6.3%12.5%17149
幸英明 1- 0- 0-43/442.3%2.3%2.3%63
岩崎翼 1- 0- 0-11/128.3%8.3%8.3%30534
藤岡佑介 0- 5- 3-12/200.0%25.0%40.0%0145
藤岡康太 0- 1- 1-20/220.0%4.5%9.1%020
大野拓弥 0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%0147
丹内祐次 0- 0- 1- 0/ 10.0%0.0%100.0%0460
津村明秀 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
集計期間:2015. 1. 4 ~ 2017.11.25

◆京都芝1600m 種牡馬別実績(該当馬のみ)

種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
キングカメハメハ 9- 7- 6-51/7312.3%21.9%30.1%11073
アドマイヤムーン 7- 5- 2-17/3122.6%38.7%45.2%63106
ダイワメジャー 4- 6- 4-52/666.1%15.2%21.2%6588
マンハッタンカフェ 3- 1- 2-26/329.4%12.5%18.8%19280
ステイゴールド 2- 1- 2-29/345.9%8.8%14.7%6539
メイショウサムソン 1- 0- 1- 6/ 812.5%12.5%25.0%36108
リーチザクラウン 1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%2740480
ローエングリン 0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%00
集計期間:2015. 1. 4 ~ 2017.11.25

◆PR 金杯は的中できる

金杯は過去結果を見ると、単オッズ10倍台の馬が絡んでいる傾向がありますね。
2018年については、上位人気馬が混戦する傾向があり穴という穴を見つけるのが難しいです。

金杯は今年最初の重賞。必ず当てたいレースです。

去年単勝的中。

6頭推奨で3連単万馬券を的中させたデータ。

無料公開されます。

お申込はコチラから
うまコラボ_金杯